頭皮に対するシャンプーは力入れるな

頭を洗う時はシャンプーを使って髪の毛や頭皮などの地肌を洗います。それによってフケやかゆみを防止することができるようになります。しかしこの頭の洗い方は普段から意識して注意をしないと中高年になってから様々なトラブルに見舞われる恐れがあります。その様々なトラブルは地肌の肌荒れ、薄毛やハゲの原因などとなります。従って頭皮に優しい洗い方をしなければならないわけですが、その洗い方はどのようにすればいいかというと、それは泡で優しく力を入れないで洗うということです。頭皮や髪の毛の汚れを泡で包むように優しく洗っていきます。間違ってもゴシゴシと力を入れて爪で引っ掻くように洗ってはなりません。力を入れすぎることで頭皮や髪の毛は必要以上の力が加わり、その力による擦れで肌荒れの原因を作るし、髪の毛が抜けやすくなってしまいます。なおシャンプーを選ぶ際はノンシリコンタイプとシリコンタイプがありますが、どちらが決定的に良くてもう一方がダメというわけではありません。それは髪質や仕上がり具合に応じた使い分けで判断をしなければなりません。

頭皮と髪にやさしいシャンプーを愛用したい

健康で美しい髪は、女性はもちろんのこと、男性にとっても理想ではないでしょうか。美しい髪は健康な頭皮から生まれるものなので、毎日使うシャンプーは髪だけではなく、頭皮にもやさしい商品を選ぶことが大事です。たとえば、頭皮と髪をやさしくきれいに洗うことができるのがアミノ酸系のシャンプーです。また、頭皮ケアができるシャンプーも販売されていますので、好みに合わせて選ぶとよいでしょう。どれを選んだらよいか迷ったときは、美容師さんに相談するのもよい方法です。特にいつもお世話になっている美容師さんなら、髪や地肌の状態を把握していてくれるから、自分に合った商品を的確に選んでくれるほか、適切なアドバイスをしてくれますので参考にして選ぶとよいです。地肌が健康になると、髪の状態もよくなっていきますので、妥協することなく選びましょう。

シャンプーしながら頭皮マッサージ

頭皮の汚れは薄毛の原因や臭いの原因となります。健康な頭皮は青白い色をしています。そうでない色をしている場合は汚れが残っていたり、ストレスによる血行不良や免疫力低下などの原因が考えられます。まずは健康な頭皮を目指すもしくは維持していくためにシャンプー時にマッサージを取り入れる事をお勧めします。爪を立てゴシゴシと頭を洗うのではなく指の腹を使って押える様に洗いながらマッサージをします。血行がよくなると頭皮の隅々まで栄養がわたります。毛穴の詰まりもとれ新陳代謝が活発化しターンオーバーが正常に行われ様になります。注意点はシャンプー&マッサージを終えたら十分な「すすぎ」を行って下さい。この「すすぎ」こそが一番重要です。浮き出た皮脂、汚れや洗浄成分が残っていると逆効果になってしまいます。健康で艶のあるいつまでも美しい髪を目指しましょう。

Leave a comment

(*) Required, Your email will not be published

*