頭皮の肌質に合わせたシャンプーの選び方

シャンプーは頭皮の肌質に合わせて選ぶことが大切です。ノーマル肌は洗浄後リンスなど何もつけずに、一週間後脂っぽくならないタイプの人です。オイリー肌は洗浄後2日ほどで皮脂が出てきて髪がべたつく人です。乾燥肌は髪がパサつきフケが出やすい人です。ノーマル肌の人は基本的にどのシャンプーでもOKですが、頭皮のためにはアミノ酸系や植物系を選ぶ方がいいです。乾燥肌の人は洗浄力が強くないアミノ酸系か植物系を選ぶ方がいいでしょう。オイリー肌の人は洗浄力の高い石鹸系もいいです。石鹸系はきしんだりごわつくことがあるので、その後に酸性のリンスを使うと中和されます。石油系界面活性剤の入ったシャンプーは洗浄力が高いので、乾燥肌の人は避けた方がいいです。「ラウリル硫酸」「ラウレス硫酸」という成分は洗浄力の強い界面活性剤が含まれているので、選ばないほうが良いです。

頭皮環境を意識したシャンプーを選ぶ

頭皮環境を意識したシャンプー選びが大変重要です。自分の頭皮に合った商品を選ばなければ逆に頭皮に与えるダメージが大変大きいものとなります。是非、自分の頭皮環境をきちんと意識した商品を選びましょう、好きな商品を選ぶ事よりもまずは専門家に自分の頭皮環境等をきちんと相談する事が大変受容です。髪は、長い人生の中で大変重要な要素ですので、是非、自分の髪をきちんと守る為にも効果的な商品を選びましょう。肌質に合った商品を選んで、きちんとしたシャンプーを心がける事で自分の毛髪を守っていくことができます。是非、自分なりのケア習慣を確立していきましょう。髪に関する問題は大変デリケートな問題です。男性はもとより最近では女性でもこのような事に関して大変敏感になっています。ストレスの多い現代社会ではこのような素晴らしいシャンプーを使う事が大変重要な事となります。

シャンプーの際は髪の毛よりも頭皮を洗うのが重要

シャンプーをするときには、髪の毛だけを洗うのではなくて頭皮までしっかり洗う必要があります。多くの人は頭皮までしっかり洗えていないのが現状です。髪の毛の根本のさらに奥というのは、毎日のシャンプーではなかなかきれいにすることができません。もしも抜け毛が多いなと感じ始めたのであれば、専門の発毛クリニックに相談に行くといいでしょう。頭皮のケアがしっかりできているかチェックしてくれますし、歯医者さんでブラッシングの方法を指導してもらえるのと同じ感じで、正しい洗髪の仕方を教えてもらえます。それだけでも髪の毛の健康には大きな影響があります。本格的な治療に入らないのであれば、お金もそれほどかかることがありません。まずは自分の頭皮がどういった状態になっているのかを認識するところから、薄毛対策は始まるといっても過言ではありません。

Leave a comment

(*) Required, Your email will not be published